ストレッチでダイエット

ストレッチでダイエット

四角 四角 四角 四角

毎日の継続がポイントしっかりとしたストレッチでダイエット

ダイエットを行うにあたって、きつく苦しい運動でなければ痩せないと思い込んでいませんか。
息苦しいようなエクササイズや無理な運動は継続する意欲も奪っていきますよね。しかし、ストレッチを基本とした有酸素運動を行うことでもダイエット効果はあるのです。
体の仕組みをしっかりと理解すれば、普段の運動量を無理やり引き上げなくてもストレッチで効果的なダイエットが可能です。

. . .

体の仕組みを理解しよう

膨れたおなか、二の腕のたるみなど人に見せられない体でお悩みではありませんか。たるんだ体は脂肪をため込んだ細胞でできています。脂肪は使われなかったエネルギーが蓄積したものであり、エネルギーのいく先があれば引き締まった体を手に入れられるということです。きちんとエネルギーを使う場所、筋肉をしっかりと鍛えて食事制限で辛い思いをせずにカロリーを消費できる体を作り上げてみてはいかがでしょうか。
筋力をアップするために毎日続けやすい運動の一つとして、ゆっくりとしたストレッチが挙げられます。日常の合間を見つけて工夫すれば、簡単なストレッチを行うことでダイエットにもつながります。自分の柔軟性をまずは見極めて段階的に体を柔らかくしてみませんか。
トレーニングというとしっかりと時間を作らなくてはいけないと思い込みがちです。しかしながら、きつく辛い運動を短時間集中で行うよりもじっくりとストレッチを少しでも毎日続ける方がより効果的です。
ダイエットの挫折経験があるという方にこそ、ゆっくりとできるストレッチはおすすめの方法です。自分の無理のない範囲で運動を始めてみませんか。毎日続けることが出来ればリバウンドのリスクも下げられます。

. . . . .

動いていない体の筋肉を伸ばそう

ストレッチは体の各所にある筋肉に負荷を与えて柔軟性を高めることが可能です。
ゆっくりと徐々に負荷を与えることがストレッチの基本です。毎日続けられるような簡単なものも、ちょっと上級者向けのストレッチ方法もあるなどのバラエティーにとんだ運動というのも飽きない特徴です。自分に合ったストレッチ方法を見つけて日常のちょっとした時間に取り入れたら運動が楽しくなることにもつながるはずです。
運動にネガティブなイメージを持っている方にまず取り組んでほしいのがストレッチです。どんな運動もまずは準備運動としてストレッチを取り入れています。基礎的な部分を鍛えることができるストレッチをしっかりと行えばダイエットにも非常に効果があります。
まずは体と生活リズムをきちんと見直すところから初めて、自分の体ときちんと向きあってみましょう。

. . . . .

ストレッチでダイエット

暮らしにダイエットにつながる習慣はあるか生活を見直そう 矢印 矢印

サムネイル

暮らしにダイエットにつながる習慣はあるか生活を見直そう 矢印 矢印

あなたの一日はどのようなリズムで、どのような運動を含んでいるか考えたことはありますか。
朝起きてから眠るまで、単調な生活では全く動かしていない筋肉もあるはずです。ダイエットのためまずは行動習慣を見直すところから始めてみて下さい。

矢印 矢印 続きを読む

体を作る筋肉や血液の役割を知ってダイエットに活用しよう 矢印 矢印

サムネイル

体を作る筋肉や血液の役割を知ってダイエットに活用しよう 矢印 矢印

体を作る筋肉や血液の役割を知ってダイエットに活用しよう体を何気なく使っている間にも、生活の中できちんと意識して筋肉を鍛えようと考えたことはありますか。
ランニングやウォーキングなど、運動しようと意識する以外にも体を鍛えダイエットにつなげるチャンスは無数にあります。

矢印 矢印 続きを読む

体の筋肉に効果的なストレッチには正しい知識と方法が大切 矢印 矢印

サムネイル

体の筋肉に効果的なストレッチには正しい知識と方法が大切 矢印 矢印

体の筋肉に効果的なストレッチには正しい知識と方法が大切ストレッチを行うことで、筋力をアップしたり関節を伸ばしたり身体の柔軟性が高まり、ダイエットにつながっていきます。
通常の筋力トレーニングだけでなく、ストレッチによるゆっくりとした動きも筋肉を鍛えることが出来るのです。

矢印 矢印 続きを読む

ストレッチを継続するための工夫を日常生活に取り入れよう 矢印 矢印

サムネイル

ストレッチを継続するための工夫を日常生活に取り入れよう 矢印 矢印

ダイエットをする上で毎日の継続が欠かせないストレッチはふと気が付いたとき、時間ができたときに意欲的に取り組むことが大切です。
少しでも自分の生活パターンに取り入れやすいストレッチから始めてみるというのもおすすめの方法です。

矢印 矢印 続きを読む